MENU

高血圧に効くサプリおすすめ

高血圧に効くサプリの【おすすめランキング】

 

 

 

 

高血圧に効く成分とその特徴

高血圧に効く成分には様々なものがありますが、代表的なものとしてカリウムやDHAやEPAがあります。高血圧の原因の一つとして塩分の過剰摂取があります。味の濃い食事を続けていると体がナトリウム過多になってしまいそれが血圧の上昇につながってしまいます。カリウムの特徴としては、ナトリウムの排出を促進させてミネラルのバランスを整えるというものです。カリウムには強力な利尿作用があるので不要なナトリウムを尿と一緒に排出させることができます。カリウムはトマトやアボカドやバナナなどに豊富に含まれているミネラル成分です。DHAやEPAの特徴としては、脂質や悪玉コレステロールの数値を低下させて血液の流れを良くして血圧を下げるというものです。DHAやEPAは多価不飽和脂肪酸の一種でサンマやブリやカツオやマグロやイワシやサバなどの青魚に豊富に含まれている成分です。悪玉コレステロールと中性脂肪の数値が高くなると高脂血症になり、それに高血圧が加わると動脈硬化を発症させてしまうリスクを高めてしまいます。動脈硬化は血管の疾患で血管内に血栓ができたり血管が高くなったり狭くなったりすることで血液の流れが悪くなるというもので、症状が進行すると脳梗塞や心筋梗塞などの重大な病気発症の原因にもなってしまいます。ですので、高血圧は放置せずに改善や予防に努める必要があります。血圧は加齢に伴い上昇しやすくなりますので健康的で規則正しい生活習慣を意識して対策に努めましょう。血圧を測定する習慣をつけるということも大切です。カリウムやDHAやEPAの成分を食事からコンスタントに摂取することが難しい場合はサプリメントやドリンク剤で摂取するのも効果的です。サプリメントやドリンク剤なら食事からの摂取よりも効率的ですし手軽に無理なく生活の中に取り入れることができます。薬局やドラッグストアや通販サイトなどで気軽に買うことができますので積極的に摂取して高血圧対策に役立てましょう。

 

 

高血圧に効くサプリの選び方

高血圧を改善したり予防するための方法としては、適度な運動を行ったり、食事の見直しを行うことも大切ですが、近年ではサプリメントを飲むという方法も、一般的に知られるようになり、多くの人がこの方法を取り入れています。
しかしサプリメントは種類が多く、配合されている成分も商品によって異なります。すべてのサプリメントが高血圧に効果があるというわけではないため、選び方が大切になってきます。
高血圧の改善や予防に期待ができる成分として、一つ目にはペプチドが挙げられます。ペプチドは血圧を下げるというよりも、血圧の上昇を抑える効果があるので、高血圧の予防やこれ以上悪化させないように維持するのに有効だといえます。ペプチドが配合されたサプリメントは、数多くの種類が販売されているので、簡単に入手することができるでしょう。
次に黒酢があげられます。黒酢には血液の流れをスムーズにする効果があるので、高血圧が原因で血液がどろどろになってしまっている場合には有効であるといえます。オリーブオイルにも同じようなことが言えます。しかしオリーブオイルを配合しているサプリメントは、あまり多くは見られません。
カリウムも改善や予防にはおすすめの成分です。日本人の高血圧の原因には食事が大きくかかわってきています。塩分の過剰摂取による影響も大きいので、体内の塩分を排出する効果があるカリウムを摂取することで、高血圧の改善や予防には有効といえます。

 

 

高血圧のサプリメントは「きなり」が効く理由と特徴

日本では、高血圧症の患者が増えています。
高血圧は、発症しても自覚症状がない人が多く、放置していると動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などを発症するリスクが高くなるので注意が必要です。
普段から、血圧についての正しい知識を身につけて、健康に気を付けることが大切です。
血液がドロドロの状態だと、血管が詰まってしまいます。
血管が詰まって血液がスムーズに流れないと、血管にかかる圧力が高くなり、高血圧のリスクが高まります。
無理に圧力をかけて流すと、血管の内壁が傷付いてしまい、傷を修復するために血小板が集まります。
血小板が血栓となって血液の流れが悪くなると、様々な影響が出てくるのです。
現在は、健康のために血液の流れを良くするサプリメントが様々なメーカーから販売されています。
最近、大きな注目を集めているのが、きなりです。
きなりは、オメガ3脂肪酸のEPAとDHAが贅沢に配合されているのが特徴の、大人気サプリメントです。
EPAとDHAは、世界保健機関や米国食品医薬品局も摂取を推奨している成分で、日本でも注目されています。
EPAとDHAのサプリメントは、ドラッグストアやネットショップでもよく売れています。
きなりに配合されているEPAとDHAは、搾りたてのフレッシュな魚油を使っているので、安心して摂取することができます。
EPAとDHAだけでなく、健康に良いと評判のナットウキナーゼやビタミンEも豊富に含まれています。

 

 

高血圧に効くサプリをお試しで複数購入する!初回料金が安くて継続の縛りのないサプリを複数試す

日本では、特に中高年世代で高血圧症に悩む人が増えています。
高血圧症は、発症しても自覚症状がない人が多いのです。
そのため、知らないうちに症状が悪化することも多く、放置していると動脈硬化や脳卒中のリスクも高くなるので放置するのは危険なのです。高血圧症が疑われる場合は、早めに病院へ行き、適切な治療を受けることが大事です。
高血圧症の改善には、薬が使われますが、根本的な治療を行うためには、生活習慣の改善も必要となります。
血圧をコントロールするためには、栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠、適度な運動が必要です。
日本では、仕事が忙しいために、食事が乱れていたり、睡眠不足だったり、運動不足の人が少なくないのです。
十分な栄養を摂取できないと、細胞に必要な栄養が行き渡りません。
また、人間は睡眠中に細胞の修復や疲労の回復を行うので、睡眠はとても大切です。
適度な有酸素運動も、高血圧症防止に役立ちます。
最近、注目されているのが、高血圧症に良いと言われているサプリメントです。
サプリメントの中でも注目されているのが、DHAのサプリメントです。
DHAは、血管壁の細胞膜を柔軟にして、血液の流れを改善することができるのです。
また、中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増やす働きも期待できます。
中性脂肪が減って善玉コレステロールが増えると、血流が改善し、高血圧症や動脈硬化などの生活習慣病を防ぐことも可能なのです。
DHAのサプリメントは、ネットショップでも人気があります。
お試し価格で複数購入できたり、初回料金が安くなるキャンペーンを行っているメーカーもあり、特別価格でサプリメントを購入できます。

 

 

薬局にあるサプリは高血圧を下げる効果が期待できない理由

通常サプリを購入するのであれば、市販で売られているサプリを利用するのが最も良さそうにみえます。ですので、薬局やドラッグストアなどで販売されている商品につい目を向けがちです。確かに、薬局やドラッグストアなどでも色々な種類のサプリが販売されていて、ダイエット用や高血圧対策用のものも販売されています。しかし、薬局などで販売されているタイプの商品には効果が期待できないとも言われることがあります。
それはどうしてなのかというと、市販で販売されているサプリについては原材料が充分に安全性が保たれているとは限らないものもあるためです。通販で販売されているもののほうが徹底した安全管理を行ってつくっていますので、そちらのほうが期待できるとされます。
それから、実は現在において発売されている商品にある高血圧に効果があるとされている成分は確実なものとしては実はカリウムあるいはGABAの2つだけとされています。よく高血圧サプリに含まれるEPA・DHA・タウリン・サポニン・コエンザイムQ10などについてはきちんと有効性が実証されているとはいえない面もまだあり、研究段階の部分もあります。
ただ、ラクトトリペプチドやカゼインなど一部の成分においては商品によっては科学的な根拠が認められているものも存在しています。特定保健用食品として国に許可を受けているものであれば、市販のサプリを購入するよりもそちらを利用したほうが良いといえるでしょう。
最後にサプリの摂取も大事ですが、運動などの生活習慣の見直しと組み合わせておきましょう。

 

 

高血圧を改善する食事

高血圧の状態が続くと、それ自体が痛みや違和感を引き起こすわけではありませんが、心筋梗塞や脳卒中、糖尿病や各種のガンなど、重大な疾患や生活習慣病などを引き起こす原因になります。血圧を改善するためには食事、運動、睡眠の生活習慣の改善に加えて、ストレスを溜めすぎないことが重要になります。とりわけ、食事は毎日行うことなので、血圧を改善するための食事について見ていきましょう。
一番の基本になるのは、塩分を摂りすぎないことです。といっても、塩分はあらゆる食材や料理に含まれているので、ともすれば意識していても過剰摂取になりやすいです。コツとしては、味が濃いものはなるべく避けたり、ラーメンやうどんなどのスープは残すこと、減塩表示がなされている調味料を使うなどを意識するようにしましょう。
次に、直接血圧を下げる効果のある食事方法です。基本的には魚や野菜類をたくさん食べるようにしましょう。特に青魚には、血圧を下げる効果のあるDHAやEPAが豊富に含まれており、同時に肥満も予防することが可能になります。また、話やほうれん草などに多く含まれるカリウムは、余分な塩分などを体外へ排出する働きがあるので、積極的に摂取するようにしましょう。
カロリーの過剰摂取は、高血圧のみならず、肥満の原因にもなるので避けましょう。また、3食をバランスよく、かつ規則正しく摂取する事を意識するようにし、楽しく食事をしながら高血圧を予防しましょう。

 

 

高血圧を下げる薬の種類と特徴、副作用についてまとめ

高血圧を下げる薬についてです。これにはいくつかの種類があり、それぞれに特徴や副作用などに違いがあります。まずカルシウム拮抗薬です。これは血管を収縮させる作用があるカルシウムイオン、その通り道を邪魔することで、血管を拡張すると言う特徴を持った薬です。血管が拡張されれば、それだけ心臓から送り出される血液が血管に対して与える圧力を下げることが期待できます。狭心症などの治療に関しても使用されている薬ですが、頭痛や動悸と言った副作用が出てくることがあると言われています。それから利尿剤です。血液中に余計な水分が多い状態だと、血液も多い状態になってしまいます。血液が多い状態と言うことは、それだけ血管に対しての圧力もかかりやすくなるので、その排出を促して高血圧状態を改善すると言う特徴を持っているのが、利尿剤の役割です。ただ尿量が多くなる、排尿回数も増加するので、特に夜間、睡眠に対しての障害が発生しやすいと言うのは副作用として注意しておきたいところです。また排尿に重要な役割を果たしている腎機能に対しても作用が大きいため、腎障害の悪化、糖尿病の悪化につながる副作用が出てくることもあるとされています。それからARBです。これは受容体と結合することで血圧を上がりやすくする作用を発揮する物質、アンジオテンシンUと呼ばれる物質を阻害する作用を持っています。高血圧に対しては勿論のこと、腎障害や糖尿病性の腎症に対しても有効性が確認されていると言う特徴があります。またアンジオテンシンUを生成してしまう役割がある特定酵素、ACEの働きを抑制すると言う特徴を持ったものもあり、それがACE阻害薬です。ただARBには、高カリウム血症につながるリスクが、ACE阻害薬に関しては、咳の絡まない咳の多発に対するリスクがあると言われています。高血圧の薬に関しては、血管や心臓の状態、また腎臓の状態、更には他の疾患との兼ね合いを見ることもとても重視されます。ですから医師と相談して、正しい用法、用量を守ることが必要不可欠です。

 

 

高血圧の症状と放置した場合のリスクについて

高血圧は、文字通り、血圧が高い状態が続く症状のことです。そもそも血圧とは何かと言うと、これは心臓から全身に向かって血液が放出される際に血管にかかる圧力のことです。高血圧の場合、心臓が必要以上に血液を放出してしまっている、あるいは血管の状態が弱くなってしまっていることなどが原因で、その圧力が高くなり過ぎてしまっていると理解することができます。高血圧が恐ろしいは、まず初期の段階では目立った自覚症状がないと言うことです。血管や血流の状態は外側から見ることができませんし、血圧は計測する場所や日時、あるいはその時の精神状態によって大きく変わることも決して珍しくはありません。よって気がついた時には、高血圧がかなり進行していたと言うことも多くあります。しいて言えば顔面の紅潮や頭痛、また何もしていないのに動悸や息切れを感じると言ったことが初期段階に出やすい症状に挙げられます。そして恐ろしい点のふたつめは、様々な疾病に対するリスクが高くなると言う点です。高血圧と因果関係があると認められている病気には、糖尿病や腎症、脳梗塞や脳卒中などの脳血管疾患、心筋梗塞などの心疾患、更に動脈硬化など数多くあり、しかもこれらの病気は、いずれも症状が重度化すれば命に直結するものばかりです。よって高血圧を放置した場合のリスクとしては、こうした疾患に罹患するリスクが高くなる、そして時にはそれにより命が奪われてしまうこともあると言うことが挙げられます。初期の段階では症状が目に見えにくいからこそ、自分なりの対策や早期発見への努力をすることが求められます。

 

 

高血圧ガイドラインとは?内容と参考の仕方

高血圧になると脳卒中や狭心症、心筋梗塞、腎臓病になるリスクが高くなります。
そこで高血圧ガイドラインは高血圧であるかどうか、治療が必要であるかどうかを判断する指標と言えます。
最高血圧が135mmHg、最低血圧が85mmHgを超えると高血圧と診断され、医師の診断に基づいて薬物療法かあるいは非薬物療法のどちらかの治療方針が決められます。
家庭血圧の正常値は最高血圧が120mmHg、最低血圧が80mmHg未満と定められていたり、糖尿病患者や尿蛋白が陽性の場合は最高血圧が125mmHg、最低血圧が75mmHg未満となっています。

 

一般的にはまず生活習慣の改善を行います。塩分の摂り過ぎや肥満、運動不足が血圧を上げる一因となっているので、塩分を1日6g未満にし、お酒やたばこを控え、適度な運動を取り入れるなどの改善を図るようにします。
非薬物療法を一定期間行っても血圧が下がらない場合は降圧剤などの薬物療法を行います。

 

血圧は測定する時の状態や時刻によってもいろいろ変化します。1日のうちでは昼間は高く夜は低くなり、緊張やイライラ、不安などの精神活動によっても影響を受けます。
測るたびに一喜一憂するのではなく、毎日朝晩2回測定し、きちんと記録をとって自分の血圧を正しく把握する習慣を身に付けることが大切なのです。
この記録が診断と治療に重要な情報となるため、自己判断せずに定期的に主治医に報告し指導を受けることが大切です。

 

 

 

高血圧に効く栄養素が多く含まれている食品

血圧は年齢と共に気になってくるものです。特に高血圧は、体質もありますが食習慣にも関わりが深く、どんな食品や栄養素によって高血圧を防ぐことができるのかが話題になります。血圧が高いと頭痛や肩こり、動悸や疲れやすくなったり、動脈硬化や脳卒中、心臓や腎臓の病をまねくなどのリスクがあり、正常な血圧を保つことが健康維持には大切です。

 

食生活で気をつけなければならないこととして、塩分の摂取量です。既に高血圧の方や家系的にリスクがあると思われる方は、塩分量を控えるようにします。塩分に含まれるナトリウムは血圧上昇の原因とされています。そのナトリウムの作用を抑える役割がある栄養素に、カリウムとカルシウムがあります。特にカリウムには利尿作用があり、血液の中にある塩分を排出してくれます。カリウムの多く含まれる食品として、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類、ほうれん草などの青菜の野菜、トマトやたけのこ、バナナやりんごなどの果物があります。カルシウムは牛乳や乳製品に多く含まれています。小魚やきのこ、緑黄色野菜などに含まれ、また海藻類の昆布などには、カリウムもカルシウムも豊富に含まれています。

 

高血圧に良い栄養素として、大豆などに含まれている植物性タンパク質は、コレステロール値を下げ血管を丈夫にしてくれます。おそばに含まれているルチンや、アスパラガスに含まれているアスパラギン酸なども血圧の上昇を抑える効果があります。また水溶性の食物繊維は、ナトリウム排出作用があり、血圧の上昇を抑えます。みかんやりんごなどの果物、わかめや海苔などの海藻類、そして玉ねぎにも多く含まれています。玉ねぎにはアリシンという硫化アリルの一種が含まれ、高血圧にはとても良いとされています。

 

果物に多く含まれているペクチンはコレステロール値を下げ、動脈硬化を予防します。りんごやいちご、バナナやキウイ、みかんなどに含まれています。

 

動物性タンパク質は、血管を丈夫にする大切な栄養素ですが、あまり取り過ぎると高血圧の原因になってしまうことがあります。過剰に摂取することなく、様々な栄養をバランス良く摂取することが大切です。

 

 

 

 

高血圧に効くサプリ【おすすめランキング】へ戻る↑↑

高血圧の対策にサプリがおすすめ

高血圧の状態が続いてくと様々な症状を引き起こしてしまう可能性が高くなってしまいます。高血圧によって色々な病気が出てきてしまうものなんですね。ですから高血圧の状態は怖いんです。高血圧を改善するためには普段の食生活を改善する必要もあるのですが、それだけでなく血圧を下げる効果をもっている高血圧改善のためのサプリメントを摂取するということもおすすめなんですね。サプリメントによって高血圧は改善することが可能です。血圧を下げる効果をもっている栄養成分としてはDHA、EPA、サポニン、タウリンなどが当てはまります。ですからこれらの栄養成分が含まれている食品を食生活にうまく取り入れて摂取することができるようにするのもお勧めなのですが、より効率的にそういった栄養成分を摂取しようと思ったらサプリメントによって摂取することをお勧めします。サプリメントはかなり手軽に摂取することが出るものですし、それにまたピンポイントで摂取したい栄養成分をより効率的に摂取することができるようになっているのでとてもおすすめなんですね。

 

動脈硬化の対策には手軽にサプリから

動脈硬化の症状が起こってしまったら、と考えるととても怖いですよね。動脈硬化は怖いもので動脈硬化の状態が続いてしまうことによって、心筋梗塞、脳卒中、などの怖い病気にもつながってしまうので要注意なんです。そんな動脈硬化になってしまうことが考えられる原因としましては喫煙をしているということや高血圧であるということ、糖尿病であるということが当てはまるんですね。そんな動脈硬化にならないためにも対策をとっておく必要があるのです。動脈硬化の対策方法としてサプリメントを摂取するという方法があります。サプリメントではとても手軽に毎日の習慣として摂取することができるのでおすすめな摂取方法なんですね。動脈硬化に効果的である成分としてDHA、EPA、イチョウ葉エキス、コエンザイムQ10、マグネシウム、レシチンなどの栄養成分があげられます。ですからこれらの栄養成分のサプリメントを摂取することでより効率的に栄養素を体内に取り入れることが可能となっています。DHA、EPAは更に中性脂肪やコレステロール値の低下にも効果的です。

 

DHAサプリで血流改善させて高血圧改善する

DHAってとても様々なことに効果的な栄養成分なんですね。青魚等にとても豊富に含まれているものなのですが、青魚が苦手であるという方や毎日食事によってDHAを摂取することができそうにない方、普段お魚を食べる機会が少ないと感じている方にはDHAのサプリメントを毎日摂取することをお勧めします。サプリメントであれば青魚が苦手だという方でも気軽に摂取することができますし、より効率的にDHAを摂取できます。また確実にDHAを体内に取り入れられているという強い安心感がありますよね。ですからDHAのサプリメントがおすすめなんです。そんなDHAのサプリメントを摂取することによって得ることができる効果として、血流改善効果やそれにつながる高血圧の改善効果などがあげられるんですね。また他にも中性脂肪やコレステロール値を下げる効果も持っています。ですから高血圧であったり血流が悪いこと、それから中性脂肪が多くコレステロール値が高いせいで起こる病気などの症状の予防や対策としてもとっても役に立つサプリメントとなっています。

 

高血圧が動脈硬化を引き起こすから早めにサプリで対策する

血圧が高いという方って結構多いことかと思うのですが、血圧が高い高血圧の状態であるということによって様々な病気や症状を引き起こしてしまう可能性があるのです。高血圧であるということは動脈硬化を引き起こしてしまいやすいということになります。動脈硬化って実はとても怖いものなんですね。動脈硬化である状態によって少しの刺激で脳卒中であったり心筋梗塞を起こしてしまう原因となっているのです。ですから普段から高血圧であるという方は早めに血圧を下げるための対策をとらなければいけません。そのための対策としまして、サプリメントの摂取という方法があるのです。もちろん毎日の食生活を改善するということはとても大切で重要なことではあるものなんですね。でもなかなかいきなり食生活を改善するということが難しいという方はできるだけ早いうちにサプリメントを摂取しておく必要があります。サプリメントの中でもDHAは血圧を下げてくれる効果も持っていますし、動脈硬化を防ぐ効果もあるのです。サプリメントなら手軽に摂取することができるのでいいですよね。

 

【高血圧】動悸やめまいの原因や対処法は?

高血圧でよく起こる症状といえば動機やめまいではないでしょうか。高血圧の人は体の血圧が急激に変化しやすく、それに体が対応できないせいでめまいなどが起こりやすくなるといわれています。特に急に動いたり階段を上り下りしたりするとめまいや動悸が起こりやすいそうです。これを対処するためには健康的な生活を心がける必要があります。食生活を改善し体に良い栄養を補給し、睡眠をしっかりとり体力をつけ、生活習慣全般を見直しましょう。煙草を吸っている人は控えるようにして、お酒を飲む習慣のある人は飲みすぎないように気を付けてください。まんがいちめまいや動悸が起こった場合は楽な姿勢をとり、気持ちを落ち着けるように心がけましょう。どうしても治らない場合はサプリメントでの改善もよいかもしれませんね。サプリメントで体質改善を行うことで高血圧も緩和しますし、動機やめまいが起きにくい健康中ラドを手に入れることができるかもしれません。少しずつ改善をしていけば、動機やめまいが起こる回数も減っていくのではないでしょうか。できることから始めましょう。

 

DHAサプリで血液サラサラに!高血圧にもおすすめ

DHAサプリは勉強に良い、頭を良くしてくれるという印象が強いのではないでしょうか。確かにDHAというと頭がよくなる栄養という印象がありますよね。しかしDHAサプリは血液をサラサラにしたり高血圧予防改善にも効果的な栄養素なのです。まず、DHAは赤血球と関係性の深い成分です。DHAが不足すると赤血球が堅くなり血流が悪化しやすいといわれています。そのせいで血液を潤滑に流すためにも血圧が高まってしまうそうです。血圧が高くなると、脳卒中、動脈硬化、糖尿病といった合併症を引き起こしてしまう可能性が高いでしょう。そのために必要なのがDHAなのです。DHAを補給することで赤血球を本来の堅さに戻して血流を改善してくれます。このおかげで高血圧も改善しやすい状態となるでしょう。健康維持のため、高血圧予防のためにもDHAは欠かせない成分です。普段から魚を食べる習慣がないという人はDHAを摂取してみてはいかがでしょうか。DHAサプリなら毎日決まった量を補給することができ健康維持に高い効果を発揮してくれるでしょう。

 

恐怖、動脈硬化が進行してなる病気とは

動脈硬化はとても恐ろしい病気です。動脈が堅くなる、というのは想像しにくいですが、動脈が堅くなったせいで全身の血のめぐりが悪化したり心臓に負担がかかるというと想像はしやすくなるでしょう。動脈硬化が悪化して起こる病気はたくさんあります。たとえば心肥大です。これは心臓に負担がかかりすぎたせいで心臓が大きくなってしまう病気です。堅くなった動脈のままで血液を送り続けるとどんどん心臓に負担がかかり心臓の筋肉が厚くなり、血圧のコントロールがうまくいかなくなってしまうでしょう。心筋梗塞も動脈硬化から起こります。激しく胸の痛みを感じる病気で、動脈硬化が原因で血液の流れが悪くなり心筋細胞が壊死することにより起こる可能性のある病気といってよいでしょう。ほかにも冠動脈内部の血流が一時的に止まる狭心症、血栓が詰まる脳梗塞、言語障害が起きたり体のマヒやしびれが起こる脳出血も動脈硬化から起こりうる可能性の高い病気です。よく聞く名前ではありますが、動脈硬化は想像以上に怖い病気だということを理解して、対策をとりましょう。

 

EPAの押さえどころ!動脈硬化との関係

動脈硬化が不安だという人はEPAを摂取してみてはいかがでしょうか。人の体は血管から老化するといわれています。血管の状態が悪いと、血液がどんどん円滑に進むことができなくなりさまざまな病気に発展してしまう可能性があるのです。そこでEPAの出番です。EPAは血流を改善するのに役立つ成分だといわれています。血流が悪くなり血液がドロドロになってしまう主な原因は、コレステロール値や中性脂肪の上昇です。これらは血管内で不要な物質として血流の邪魔をしてしまいます。EPAを摂取することで、コレステロール値や中性脂肪を下げることができ、血流の改善をはかることができるのです。実際にEPAを摂取した人はどんどん血中脂肪値が減少していくそうです。また、EPAを摂取することで血圧低下効果を実感したり、血小板凝集抑制効果を実感することができます。血小板凝集抑制効果とは血栓を防ぐ効果であり、血管や血液の健康を維持するためには必要な働きなのです。EPAを意識してとっている人は少ないでしょうが、健康のためにもEPAを意識してみてください。

 

野菜不足でドロドロ血液に!動脈硬化の恐ろしさ

 

野菜はしっかりと取るようにしましょう。外食が多い人や自炊をしていてもついつい主食ばかり食べている人は、どうしても野菜不足に陥ってしまいがちです。しかし野菜には体に良い栄養がたっぷりと含まれています。野菜不足の生活を続けていると、どんどん血液がドロドロの状態になってしまうでしょう。そうなると、さまざまな病気の危険性があります。特に重要なのが、動脈硬化です。動脈硬化は、血中コレステロール値が高くなったときにおきやすい病気です。血中コレステロール値が上昇しすぎると文字通り動脈が堅くなってしまい、血液をうまく送り出すことができなくなってしまうのです。そのせいで心臓に負担がかかり、血管の状態もどんどん悪化してしまいます。動脈硬化は症状が進行すると血管がやぶれやすくなったり、臓器や組織が壊死したり、正しく機能しなくなってしまいさらに違う病気に発展してしまうでしょう。野菜が不足すると血流はどんどん悪化し簡単に改善することができなくなってしまいます。普段から意識して野菜を食べることはとても大切なことなのです。

 

 

高血圧に効くサプリ【おすすめランキング】へ戻る↑↑